慶應コンソとジドコンが共同でシンポ エアモビリティ前提社会の交通秩序とは

2019.12.23

  ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムと、自動車学校が運営するドローンスクール団体、一般社団法人全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)と共同で、2020年1月27日、「空飛ぶ車×自動運転×自動車学校 〜 目前に迫るエアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する〜」を開催する。Uberも参加し、講演やパネルデフィスカッションに参加する予定だ。入場は無料。

第一人者が講演、パネルに登壇 修了後に懇親会も

  シンポジウムは慶應義塾大学三田キャンパスのホールで開催される。

  慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの古谷知之代表、エアモビリティを活用したサービスの開発を進めているUberの代表者、内閣官房小型無人機等対策推進室の長崎敏志内閣参事官、東京大学生産技術研究所の伊藤昌毅特任講師らが講演するほか、ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表がファシリテーターを務め、講演登壇者やサンインテルネット株式会社の三田竜平代表取締役社長らによるパネルディスカッションでさらに意見を深める予定だ。

  講演、パネルディスカッション終了後には、懇親会も予定されている。懇親会参加費は5500円(税込み)

  概要は以下の通り

 ・日時:2020年1月27日(月)13:00-17:00 (受付12:30)
 ・参加費:無料
 ・場所慶應義塾大学 北館ホール
 ・地図:https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
 ・申込 : https://bit.ly/2RkGuAx

  予定コンテンツ

 ・主催者挨拶:一般社団法人 全国自動車学校ドローンコンソーシアム理事長 朽木聖好氏
 ・講演①「先端モビリティ前提社会」 (慶應義塾大学総合政策学部教授 古谷知之氏)
 ・講演②「UberにおけるFlying Carビジネスの取り組み」

 ・講演③「空と陸の交通安全行政」(内閣官房小型無人機等対策推進室 長崎敏志内閣参事官)
 ・講演④「低空飛行の地方公共交通に救いはあるか?空を飛ぶ前に考えること」(東京大学生産技術研究所 伊藤昌毅特任講師)
 ・パネルディスカッション

ファシリテーター 慶應義塾大学 南政樹氏

 ・終了後に懇親会を予定 
問合せ先:
慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム事務局

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事