スペースワン、CES2020のCHASINGブースに協力 日本人スタッフ4人を派遣

2019.12.24

  中国の水中ドローンメーカーCHASING社が、米ラスベガスで開催されるテクノロジー展示会「CES2020」に出展するブースに、日本で最初にパートナー契約を交わし、国内の2019年の水中ドローン市場拡大をけん引した株式会社スペースワン(福島県郡山市)が日本人スタッフを派遣し、日本からの視察者などに対して日本語での説明を担う。新製品発表も予定されているという。

CHASING新製品の発表も

スペースワンがスタッフを派遣するCHASINGのCES2020ブース

  CES2020でCHASINGは同社を代表する機種や同社の取り組みを発表する予定。新製品の発表を予定しているとの情報もある。スペースワンは日本人スタッフ4人を派遣し、来場者を迎える。とくに日本からの来場者には日本語で対応する。

  CHASINGは中国・深圳に本社を構える水中ドローンメーカーで、スペースワンとは2018年4月にパートナー契約を締結した。CHASINGのGladiusシリーズは日本の水中ドローン市場拡大に大きく寄与し、2019年3月に千葉・幕張メッセで開催された一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が主催するドローン専門の大規模展示会、「Japan Drone2019」では、スペースワンが水中ドローンGladiusMINIで参戦し「Best of Japan Drone Award2019」のハードウェア部門で最優秀賞を受けたほか、オーディエンスアワードも獲得した。

 スペースワンは一般社団法人日本水中ドローン協会の事務局を運営している。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事