年末へGO! SEKIDO、テラドローン、SORAPASSが割引企画 利活用推進も

2019.12.06

  年末キャンペーンが続々と登場しています。株式会社セキドはDJI製品を定価より最大29%安い価格で販売する「ウインターホリデーセール」を12月31日まで開催中。テラドローン株式会社も、12月27日まで、測量用ソフト「Terra Mapper デスクトップ」とPhantom4 RTKのセットの割引セールを実施しています。またセールではありませんが、ブルーイノベーションなどは、ドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」登録者に対し、一般財団法人日本アマチュア無線振興協会のアマチュア無線技士養成課程eラーニングの受講割引券を配布する取り組みを始めました。利活用促進の期待も高まります。

品切れ、入荷待ち商品も

  株式会社セキドは11月22日からオンラインストアで「ウインターホリデーセール」を実施中です。Mavic2Pro、Tello、Osmo Pocket、RoninなどのDJI関連製品や、アクセサリーを含んだセットを25種類、セール対象にしています。

  「Tello アイアンマンエディション」(税別1万900円、税込み1万1990円、29.7%割引)のように、在庫を売り切ってしまい、入荷待ちとなっているセットもあります。「Mavic2Proスマート送信機コンボ、スマート送信機対応ハードキャリングケース」は、本体と、直射日光の下でも視認性が確保される超高輝度モニターを内蔵したスマート送信機、スマート送信機も収納できるPGYTECHハードキャリングケースがセットで税別25万円、税込み27万5千円と、税込み価格で2万2770円引きになっています。

 

  テラドローン株式会社は12月4日に、DJIの測量用ドローンPhantom4 RTKとテラドローンが開発した測量用の画像処理解析ソフト「Terra Mapper デスクトップ」のキャンペーンを開始。通常税別105 万円を、12月27日までの期間限定で 税別99 万円で販売しています。専用フォームで見積もりを受け付けています。

  このほか「Terra Mapper デスクトップ + Phantom 4 RTK + D-RTK 2 高精度 GNSS モバイルステーション」も通常は税別126 万 5000円の価格を期間中は税別119万円で提供しています。

 ブルーイノベーション株式会社、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、年末キャンペーンではありませんが、ドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」登録者に、アマチュア無線技士養成課程のEラーニング割引券の配布を始めました。SORAPASS 登録者はログイン後に「割引券を発行する」ボタンを押せば割引券番号が振り出され、JARD のeラーニング申し込み時に入力することで受講料が1000円の割り引きを受けられます。

  ドローンレースなどでFPVを使う場合、5GHz 帯のアマチュア無線バンドを利用することが多く、利用にはアマチュア局の免許と第 4級アマチュア無線技士(又はそれ以上)の免許取得が必要です。SORAPASSはFPVドローンの活用促進のため、JARD と提携して割引券配布を企画しました。

 スマートフォンのように年末年始の販売促進キャンペーンが商品の利用促進につながることは多く、ドローンの利活用推進への期待も高まっています。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事