自律飛行ドローンのSkydioが次世代モデルのティザー動画を公開

2019.08.12

  AIで自律飛行するドローンを開発している米Skydioが、次世代モデルで撮影したティザー動画を公開した。

4K動画を完全自動で空撮

動画では木々をかわしながら自動撮影する様子がわかる

  Youtubeに公開された動画は、3つのシーンで構成されている。

  最初は、ロードバイクが山林を爆走するシーン。ドローンは、木などの障害物を回避しながら巧みにロードバイクを追随する。移動するロードバイクをフォローするだけでなく、前面に回り込むテクニックなどはかなり高度だ。

  続くシーンは南の島。水着姿の男性が砂浜を走る姿をドローンが追い、そのままドリーバックして島全体を映し出す。「リモコンを持ったおじさん」の姿はなく、ドローンが自律飛行していることを証明している。

  最後のシーンは、丘を疾走するマウンテンバイク。被写体と一定の距離を保ちながら見事なフォロー撮影を行っている。

  Skydioによれば「実際に飛行して障害物を回避できるドローンを構築することは、信じられないほどの挑戦です。実際に、私たちはそれを行うことができた唯一の会社です。今、私たちは、自律飛行ドローンができることと、そのビデオがどれほど信じられないほど映画的であるかについて、再びレベルを上げています」と話す。

  果たして、これらの映像はどのように撮影されたのだろうか。その点についてSkydioは「まったく新しい画期的な飛行アルゴリズムを開発しました。これにより、ドローンはクラッシュを回避するだけではなく、さらに多くのことができるようになります。これまでは、専門のパイロットのみがキャプチャできたショットでした。でもこれからは、最も美しい映画のようなショットを得るために、どこでどのように飛ぶかを誰でも正確に決定できます」と説明している。

  さらに「自律性の向上は、次のドローンSkydio 2を素晴らしいものにする多くの進歩の1つにすぎません。お見せするのが待ち遠しいです」と次世代モデルに言及。いずれ発表するとみられる次期モデルの魅力の一端に触れ、愛好者の期待を高めている。

 

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事