Pix4D、ドローンマッピング特化型新ソフト発表! 4月9日16時にウェビナー開催!

2020.04.09

  フォトグラメトリーを手がけるスイス・Pix4D社は3月31日、ドローンマッピングの業界特化型の新しいソフトウェア「Pix4Dsurvey」、「Pix4Dmatic」、「Pix4Dinspect」、「Pix4Dscan」を開発したと発表した。Pix4DsurveyはCADとSfMの間を埋める役割を果たすなど、ユーザーの求める声に対応する。日本のユーザー向けに4月9日(木)16時から、WEB上でセミナーも開催する。

「survey」「matic」「inspect」「scan」で専門家の作業を支援!

  新たに開発したのは「Pix4Dsurvey」、「Pix4Dmatic」、「Pix4Dinspect」、「Pix4Dscan」で、「survey」は点群データをCAD形式に変換する。写真測量の時間を削減できる。「matic」は最新ドローンに対応したSfMソフトウェアで、写真から点群生成までの時間を短縮する。「inspect」と「scan」は点検解析の効率化に寄与する。

  また土木、建設、鉱工業、地籍調査、工事設計・監理、公共事業などで活用されているPix4Dmapperも従来と比べ約20%高速化できるアップデートが行われ、現在「ver4.5」がダウンロード可能だ。

  9日16時からのウェビナー(WEBセミナー)では、昨年設立された日本法人が日本のユーザー向けに、新製品を中心に説明するほか、Q&Aセッションも行われる予定だ。

  ウェビナーの申し込みはこちらから。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事