航空局がHPリストを差し替えたようです・・・ん?「平成31年5月1日」?

2019.05.04

 ご報告します。5月2日付の記事で、国交省航空局が5月1日に講習団体などに関するHPを更新した、と報じましたが、その後に内容を差し替えられたようです。5月3日夜にHPを確認したところ、報じた内容と異なるリストが公開されていました。報じた内容は「5月更新は4月と同じ」でしたが、そうでなくなくなりました。申し訳ありません。お詫びし、差し換えられた内容を改めてお伝えします。

「令和」は表記は持ち越し?

 リストによると、5月1日現在の管理団体は39、講習団体は396。差し替え前のリストでは、管理団体が36、講習団体が374と、4月1日のリストとまったく同じであったため、5月2日には「5月更新は4月と同じ」と配信しました。差し替えにより、「4月1日よりと同じ」ではなく、管理団体で3、講習団体で22、増えたことになりました。

 ただし、さらに差し替えられる可能性があります。

 というのも、さしかえで増えた分の管理団体、講習団体の「HP掲載日」は、いずれも「平成31年5月1日」。同欄は西暦表記でなく元号表記のみになっていることや、中央省庁が改元後に更新したリストであることなどを考えると、今後、「令和」に再び修正される可能性があります。

 記念すべき5月1日に掲載が叶った団体の中には、「令和」改元時の初掲載を喜ばしく感じている団体もあると思われます。

JUIDA系団体数は3けた 掲載団体は2年で9倍超に “3刀流”も3団体に

 リストによると、管理団体のうち一般社団法人日本UAS産業推進協議会(JUIDA)系が103と、ひとつの管理団体が支える講習団体の数としては初めて3ケタに乗りました。かかえる講習団体数では、これに一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が43、DJI JAPAN株式会社が34と続いています。

 また、本サイトが5月2日時点で掲載した記事では、航空局が掲載を開始した2017年6月時点(管理団体4、講習団体43)と比べて「9倍規模になった」と報じましたが、今回は「9倍超になった」と言い切ることができます。

 改定前のリストでは管理団体が36と初掲載時の9倍に達していたものの、講習団体は374と8・7倍にとどまったため、それを含めて、だいたいの規模として9倍ほどの意味で「9倍規模」と伝えました。改定後は講習団体も396と増えたため、初掲載時との比較では9・2倍に達し、管理団体、講習団体とも晴れて「9倍超」になった計算です。

 さらに、講習団体の中で、複数の技能認証を取り扱う講習団体のうち、3つの技能認証を扱う“3刀流”はこれまで、株式会社アマナビだけでしたが、新たに株式会社スペースワンと、東洋テック株式会社の2社も“3刀流”に加わりました。ひとつの講習団体が複数の技能認証を取り扱う流れは当面、浸透しそうです。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事