ブルーイノベーション、五光物流との業務提携を発表 スマートシティ向けソリューションを共同開発

2020.06.30

ブルーイノベーション株式会社(東京)は、ドローンスクールの運営も手掛ける物流業、五光物流株式会社(茨城県)と、ソリューションの共同開発に向けた業務提携を締結したと発表した。ドローンの高精度離発着システム「BIポート」などスマートシティ向けのドローン物流ソリューションを共同で開発する。

「ビーアイポート」や「BEP」ベースに

ブルーイノベーションと五光物流がスマートシティ向けソリューション開発で提携した

 両社は6月10 日に資本提携も結んでおり、今後、資本、業務の両面での提携を強化する。

 両社は今回の業務提携で、IoT技術を実装する快適都市「スマートシティ」の開発を見据え、域内の輸送、配送、格納、保管などの住民の生活や事業を支える物流を、効率的で安全に機能させるドローン物流ソリューションを、ブルーイノベーションが開発しているドローンの高精度離着陸システム「BI(ビーアイ)ポート」の技術を軸に開発する。

 開発には、ドローン、機械、ロボット、ヒトを接続し社会課題を解決する基盤プラットフォーム「Blue Earth Platform(BEP)」を活用し、人間が対応することが不適切な作業の無人化、省人化を図る。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事