DJIがセキュリティの取り組み周知を強化 サイトで「お客様データはビジネスに必要ない」

2019.08.29

  DJIがデータセキュリティの取り組みについて、アナウンスを強化している。同社のプライバシーやデータセキュリティーの取り組みの周知と、ユーザーの疑問解消が目的で、サイトで「お客様のデータは、DJIのビジネスに必要ありません」「お客様のデータが最優先事項です」と取り組み姿勢を明記している。

疑問解消しなければ、「問い合わせを」

  DJIがセキュリティーについての取り組みを周知するサイトを開設したのは8月中旬。この中で「DJIプラットフォームをお使いの一般消費者、企業や官公庁のお客様にとってデータセキュリティがいかに重要か理解しています」と記している。

  また「DJIの原則」として、「透明性と教育」「コラボレーション」「堅牢なデータセキュリティ」「安全性とプライバシー」を列挙。「透明性と教育」の中では「データ収集および使用のあらゆる側面について、オープンで透明性を維持することをお約束します。また、一般消費者、企業や官公庁のお客様のために、DJIのデータ管理とセキュリティを理解しやすいものにしたいと考えています」と記してある。

  サイト内で疑問が解消しない場合、質問を受け付けている
datasecurity@dji.com

  同社のサイト
https://security.dji.com/data/jp/overview/

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事