VFRがACSLとコラボ 用途別産業用ドローンの共同開発で

2020.05.11

 VAIO株式会社のドローン子会社、VFR株式会社(東京)は5月11日、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)と国内市場向けの用途別産業用ドローンの機体開発で5月に協業を開始したと発表した。両者の強みを持ち寄り、ACSLの主力機体「PF-2」、「MINI」のアップデートと、用途別に最適化した新機体の共同開発を行う。2021年以降の導入を目指す。

「国内での普及には実装可能な機体開発が不可欠」で思いが一致

  両社は機体開発のほか、高度な産業用ソリューション開発も視野に入れ、共同調査を始めるという。またVFRはその他のパートナーシップの構築も随時検討する。協業について「VFRとACSL は共に、国内における産業用ドローンの本格的な普及には、用途別に性能・機能が最適化された社会実装可能な量産機体及びソリューションの開発が急務であるという課題意識を持っています。両社の知見や技術的な強みを掛け合わせることでその解決により大きく貢献していきたいという考えが一致したことから、今回の協業が実現いたしました」とコメントを寄せている。

 今回の協業ではVFRがVAIOで磨いたコンピューティング技術、ロボティクス技術などを持ち寄り、ACSLの機体開発技術、自律制御技術等と融合することを目指す。開発する用途は今後検討することとしているが、橋梁、送電線、鉄塔の点検、運送などが有力だ。

 両者は関連する規制や経済動向などの環境変化や推移を注視しながら役割分担などを具体化させる方針だ。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事