ELIOS2のドローン点検をサブスクで提供開始 ブルーイノベーションが3月中旬から

2021.03.01

 ドローン、ロボット事業のブルーイノベーション株式会社(東京)は、石油化学、製鉄、電力などの工場や発電所などのプラント設備点検に特化したドローン点検サービスを、契約期間内なら定額で利用できるサブスクリプション型のサービスを3月中旬に導入すると発表した。2月24日から受付開始している。サービスは「工場・プラント施設点検向けドローンのサブスクリプション型サービス」で、点検用の球体ガードに覆われたドローン「ELIOS2」本体と、運用サポート、保守メンテナンスなどがセットになっていて、1カ月、3カ月、1年、3年のプランがある。

相談や修理時の代替機もセット 1か月から導入可能

 このサービスは、ELIOS2を使ったドローン点検の導入を期間内に定額で受けられるサブスクリプション型であることが最大の特徴。ELIOS2とアンテナ延長モジュール、予備バッテリー、スペアパーツがついており、運用サポート相談を受けられ、飛行10時間ごとのメンテナンス、飛行20時間ごとのオーバーホール、保険、修理時の代替機など、ドローンの導入から運用サポートまでがセットで提供される。

 また実施できる点検は、総務省・厚生労働省・経済産業省がまとめた、 「石化プラント点検のドローン活用に関するガイドライン」に準拠している。

 利用料金は契約形態ごとに異なるが、3年プランの場合の月額は原則35万円。ほかに講習、3Dモデル化などのサービスのオプションがあり追加料金で利用できる。企業などがドローン点検を導入するさいには、このサービスを使えば、ドローンを資産計上せずに経費処理できるなど財務上のメリットもある。

 工場やプラント設備点検では、作業員にかわる点検手法を模索するケースが増えており、ドローンはその有力な選択肢となっている。一方で、ドローン導入には知識、操縦技能、費用などの不安もあり、ドローン導入の障害になっているとの声がある。サブスクでの提供は、ドローン導入の選択肢の幅を広げ、導入のハードルを下げることが期待される。これにより、作業負担軽減や時間短縮、 コスト削減、 点検の多様化など多くの利点をユーザーが実感する機会となることが期待される。

 ブルーイノベーションは「ドローンのサブスクリプション型サービスの導入を積極的に提案し、 ドローンの導入から運用サポートまでをワンストップでご提供することで、 工場やプラントなどの施設・設備点検作業のデジタル化と安全で柔軟な点検体制、低コストでの点検運用の実現をサポートしていきます」とコメントしている。

 ■「工場・プラント施設点検向けドローンのサブスクリプション型サービス」
<ドローン本体(ELIOS2)スターターパック>
・アンテナ延長モジュール
・予備バッテリー
・スペアパーツ付
<定額内サービス>
・オンライン運用サポート相談
・飛行10時間ごとのメンテナンス
・飛行20時間ごとのオーバーホール
・各種保険
・修理時の代替機提供
<初期導入1日講習 (有料)>
・プラントや製鉄所、 発電所や下水道など150以上の現場でドローン飛行の実績を持つブルーイノベーションのパイロットが担当。初導入時は別料金ながら受講必須。
<その他有料オプション>
・動画デジタルアーカイブシステム使用
・追加講習
・3Dモデル化
・デジタライゼーションなどDXサービス=近日提供開始
<利用料料金>
・3年プランの場合月額35万円(プランや取引形態により異なることがある)
・現在、1カ月、3カ月、1年、3年プランを準備。詳細は問いあわせを

※点検用球体ドローン「ELIOS2」の詳細はこちら
※「工場・プラント施設点検向けドローンのサブスクリプション型サービス」は総務省、厚生労働量、経済産業省がまとめた「石化プラント点検のドローン活用に関するガイドライン」に準拠。
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事