桜を4K配信! 横田淳氏率いるドローンエンタテインメント、「オンラインお花見大会」開催へ

2021.02.03

 株式会社ドローンエンタテインメント(東京、横田淳代表取締役)はこの春のお花見シーズンにあわせ、桜の名所からの4K空撮映像を盛り込み、動画投稿サイトYouTube上で「オンラインお花見大会」を開催する。開催時期は3月下旬で開花状況などを見定めながら今後、日程を決定する。「お花見大会」に先立ち2月ごろから「桜の開花カウントダウン」のライブ配信も行う予定で、自宅にいながら桜を満喫できるコンテンツ提供に力を入れる。

自宅にいながら満喫 世界に配信しインバウンド市場の再始動も視野

 3月下旬の開催を予定している「オンラインお花見大会」は、日本屈指の桜の名所からリアルタイムで生配信を行うことを計画している。生配信は5か所程度の予定で、4Kドローン、FPVマイクロドローン、複数台の定点カメラ、8K360度カメラなどの機材を駆使し、「まるでそこでお花見をしているような体験を映像を通じて提供します」(同社)と意気込んでいる。大会当日はそのほか、さまざまなコンテンツの提供を検討している。

 また「桜の開花カウントダウン」のライブ配信は、2月から4月中旬にかけて実施。桜映像を朝から晩まで 1000時間以上の連続配信を予定しているという。 2020年に40都道府県50カ所で撮影した日本各地の美しい桜の映像のほか、 2021年の早咲きの桜もリアルタイムで届けるという。

 お花見大会を開催する株式会社ドローンエンタテインメントは、日本を代表するドローンレーサー横田淳さんが代表を務め、空撮映像コンテンツの制作、提供などを手掛けている。2020年春には、日本全国の桜を4Kドローンで撮影し世界に発信する「桜ドローンプロジェクト2020」を展開した。「桜を鑑賞する」という日本の独自文化をドローンの活用でそれまでにない視点で表現することで地方の美しさを発信することに注力した。

 特に新型コロナウイルスの流行による歓声対策の一環で渡航制限を受ける中、世界の人々に桜の魅力を届ける役割を強く意識している。同社は「コロナ禍における海外渡航制限で世界の人々に日本が誇る美しい桜を楽しんでいただくことが難しい状況にあります。そんな今こそ、オンライン配信により日本各地の桜の素晴らしさを世界に届けます。この試みがインバウンド産業の「再出発」に貢献できること我々は考えています」と話している。

 桜自慢の自治体からの応募も受け付けており、当日は選りすぐりの映像が配信される期待が高まる。同社は「本番では、みんなで乾杯しましょう」と今から盛り上げている。

同社への問い合わせ、協賛、取材などはこちら

 

「桜ドローンプロジェクト2020」はテレビ番組でも多く取り上げられるなど反響を呼んだ
■「桜ドローンプロジェクト2020」とは?
 桜前線とともに日本の美しい文化を記録する「桜ドローンプロジェクト」。沖縄から桜前線とともに47都道府県を縦断し、 各地の桜を自社で特別制作したマイクロドローンで撮影。 福島県まで撮影したところで緊急事態宣言の発令をうけ撮影継続を断念。しかし40都府県50箇所以上の桜映像を収めたBlu-rayは制作完了。映像はTVでも多数取り上げられました。多くの自治体様・管理団体の皆様にご協力いただき無事終えることができました。 本当にありがとうございました。プロジェクトのクラウドファンディングでは、 目標支援額の665%を達成し、 200名を超える方に支援いただきました。 コロナ初期に多くの方が外出制限を余儀なくされる中、 TVやオンラインで桜を見る機会を提供することができました。
■株式会社ドローンエンタテインメント
 代表取締役:横田 淳
 東京事業所:東京都渋谷区神南1丁目7−7渋谷公園通りNnビル 渋谷公園通り2F
 「遊び」が「仕事」に。ドローンに特化した総合エンタテインメントカンパニー。「楽しい」をきっかけに、 今後社会インフラとして必須となるドローンをもっと身近にし、 この最新テクノロジーを活用した遊びや映像表現を通じて社会を元気にします。 ドローンは教育や産業にも貢献できる21世紀の遊びであり仕事です。
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事