「ArduPilot」で開発人材を! 「ドローンエンジニア養成塾」第8期塾生募集を開始

2019.10.04

  ドローン・ジャパン株式会社(東京都千代田区、勝俣喜一朗社長)は、ArduPilotをベースにしたドローンソフトウェアエンジニアの人財育成事業である「ドローンエンジニア養成塾」の第8期塾生の募集を始めた。オンライン、座学、実地などからなり、座学などの期間は10月27日(日)から12月21日(土)の主に土曜日。コースごとにカリキュラムが分かれ、会場はオンライン、長野県軽井沢町、東京、茨城などを予定している。

社会的要請高まる地上、水上、水中の“飛ばない”ドローンに注力

  「ドローンエンジニア養成塾」は、ドローン・ジャパンが、JapanDrones株式会社(長野県軽井沢町 ランディ・マッケイ社長)との協働事業として 2016年5月にスタートした講座で、ランディ・マッケイ氏が塾長を務める。ランディ・マッケイ氏はオープンソースのソフトウェアエンジニアで、世界のドローンオープンソフトウェアコミュニティ「ArduPilot」で、初めてエンジニア養成に取り組んだことで知られる。これまでに 200人を輩出している。

  「ArduPilotプロフェッショナル・オペレーター・コース」(税別10万円)、「ArduPilotアプリケーション・ディベロッパー・コース」(税別12万円)、「ArduPilotフライトコードプログラミングコース」(税別11万円)の3コースがあり、このほかに全コース共通の、無料提供されるオンラインの基礎科目の講座がある。複数を受講する場合には割引が適用されるという。

 キックオフは10月27日(日)午前10:30から、長野県軽井沢町の軽井沢風越公園(長野県北佐久郡軽井沢町大字発地 北佐久郡軽井沢町発地1157−6、地図はこちら)で行われる。

 第8期では地上、水上、水中などを移動する飛ばないドローンに力を入れていることが特徴だ。搬送、監視、調査、センシング、作業など多くの領域で、“飛ばない”ドローンである自律型のローバー型、ボート型、サブマリン型ドローンに対する期待が高まり、メーカーやサービスプロバイダー、ユーザーなどの間で課題にも挙がっていること、実際に高機能で低価格な製品が広まってきていることを受けて、“飛ばない”ドローンのエンジニア養成にも力たカリキュラムを組んだ。

  座学、機体の自作・製作、作った機体の自動航行などを通じ、活用・開発のノウハウを学び、ドローンソフトウェアのフレームワークと開発技術を習得する機会を提供する。

 

■募集要項はこちら

■申し込みはこちら
 

ドローンエンジニア養成塾の塾長を務めるJapan Dronesのランディ・マッケイ社長
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事