JUIDA5周年 会員登録1万件の大台へ この1年で倍増ペース

  一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA、東京)の会員登録件数が1万件(個人・法人を含む)を突破する勢いだ。2019年6月末時点での登録件数は9359件。1年前に5000件突破を報告したばかりで、この1年でほぼ倍増の勢いだ。2014年7月に創設してから5周年の節目を迎える中、JUIDAは大台突破を土台に、次の展開を模索する。

6月末で9359件 世界も高い関心

  JUIDAは2014年7月にドローン産業の振興を掲げて旗揚げ。翌2015年10月に操縦士、安全運航管理者養成スクールの認定制度をスタートさせた。認定スクールでの講習を修了し、申請した修了生には「操縦技能証明」と「安全運航管理者証明」を交付している。認定スクールは全国に拡大し、現在213校。秋に開催している「スクールフェスタ」には、全国から多くの認定スクールが参加している。

  認定スクールの増加に伴い、会員数も拡大していて、昨年、登録件数が5000を突破した。それから1年で1万を伺う状勢となっている。

  JUIDAがスクールを拡大させたのは、ドローン産業を日本に根付くために担い手の育成が不可欠と考えたためだ。ドローンに対する期待は年々高まっており、JUIDAは今後も人材育成の充実に力を注ぐことになる。またこの取り組みには海外からも問い合わせが相次いでおり、特に1万人を伺う勢いの会員には高い関心が寄せられている。ドローンの担い手の育成については、標準化を検討する国際会議でもJUIDAが議論のリード役を期待されていてる。

  一方、会員の増加に伴い、会員の活躍の場となるマーケットの拡大を求める声も増加している。今後はドローンの担い手の育成とともに、ビジネス環境を整える活動にも力を入れることになりそうだ。

昨年(2018年)に開催されたスクールフェスタの様子。全国からJUIDA認定スクールが参加した
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事