ドローンスクール勢力図、首位JUIDA変わらず BIG3が傘下団体3ケタを突破 航空局の10月更新

2019.10.03

  国交省航空局は10月1日にドローンスクールに関わるHPの内容を更新した。それによると、ドローンの技能などを教えるスクールを束ねる管理団体のうち、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、株式会社DJI JAPAN、一般社団法人農林水産航空協会の3団体が、傘下に抱える講習団体が100を超える規模になった。また講習団体は601と、600の大台を超えた。

講習団体は600を突破 スペースワン、ピットモーターズジャパンが4刀流

  10月1日付の管理団体の数は43と前月と変わらなかったものの、傘下にかかえる講習団体の数に増加がみられ、JUIDAが136、DJI JAPANが111、農林水産航空協会が101と3ケタを超えた団体が3つとなった。3ケタが3団体になったのは初めてだ。

  なおJUIDAは現在、認定スクールを全国に220抱えており、航空局のHPの上でも勢力を拡大することになりそうだ。JUIDAは毎年秋に、「認定スクールフェスタ」と呼ぶスクール同士の交流会を開催しており、こうした地道な取り組みも、組織固めに寄与しているとみられる。

  一方、講習団体の数は601となり前月の582から19増えた。複数の技能講習を取り扱うスクールとしては、株式会社スペースワン(福島県郡山市)、株式会社ピットモーターズジャパン(本社・茨城県筑西市、スクールはさいたま市、千葉県野田市など)の2団体が4つのライセンスを扱う4刀流として引き続き最多だ。

管理団体の規模別上位3団体は、傘下の講習団体が100を超えている
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事