ドローン物流のANTWORK、中国都市部での運用認可を取得 「1日に1000件の配送を」

2019.10.23

  中国のドローン物流大手ANTWORK社は10月15日、 中国民間航空局(CAAC)から、都市部での商用ドローン配送を可能にする「特定UASパイロット運用承認」(Specific UAS Pilot Operation Approval)と、「UAS配送ビジネスライセンス」(UAS Delivery Business License)を取得した。規制当局が都市部でのドローン配送を正式に認めたケースはANTWORKが世界で初めてとみられる。今後、中国で1日あたり1000件の商業ドローン配送を運営する計画を表明しているほか、世界での展開も視野に入れいている。日本ではブルーイノベーション株式会社と業務提携を結んでおり、日本でのサービス導入、拡大が期待される。

日本ではブルーイノベーションが提携 日本での展開も

  ライセンスの授賞式は中国・杭州で行われ、CAACの Lv Erxue副局長がANTWORKのZhang LeiCEOにライセンスなどを渡した。
ANTWORKはこれまで3年間、杭州市などで2万回以上、合計60,000 km以上の試験飛行を繰り返し、CAACが管轄している「SORA」と呼ばれる厳格な運用リスク評価に合格していた。

  ANTWORKのZhang LeiCEOは「ANTWORKはまもなく杭州市で1日あたり1000件の商業ドローン配送を運営する予定です。 その後、世界中の100を超える大都市に都市内航空ネットワークを構築し、取引先と消費者に高速で信頼性の高い航空サービスを提供することを目指します」と話しているという。

  ANTWOKは、ドローンやAGV、人工知能を組み合わせた全自動デリバリーシステムの開発を手掛けるベンチャー企業で、物流上の大きなテーマのひとつである、ラストワンマイルと呼ばれる玄関先までの配達課題の解決に取り組んでいる。中国郵政と共同で中国初の速達配送をはじめたほか、中国家電量販店「スニン」や、アリババグループの物流運用会社CAINIAOなどにサービスを提供しているなどの実績を持ち、2018年には広州市内のスターバックスと提携し、近隣のオフィスビルにコーヒーをデリバリーするサービスを提供して話題を集めた。

 

  日本ではブルーイノベーションが7月に同社と業務提携を締結。ANTWORKのドローン物流サービスを日本に導入展開するために、ブルーイノベーションの開発するBIポートに接続することを表明しており、今後、国内外での物流サービスの共同開発などに期待が寄せられている。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事