DRONE FUND、3号のLPに清水建設、キャナルベンチャーズ 調達約50億円に

2021.03.10

 DRONE FUND(東京)は3月9日、3号ファンド(DRONE FUND 3号投資事業有限責任組合)のLPとして、清水建設株式会社、日本ユニシスのCVCであるキャナルベンチャーズ株式会社を新たにLPに迎えたと発表した。またこれまでに総額約50億円の調達をしたこともあわせて公表した。 

目標100億円 「ドローン・エアモビリティ前提社会目指す」

 清水建設がDRONE FUNDに参画したのは今回が初めて。キャナルベンチャーズは1号、2号に続いてのLP入りとなる。すでにSMBC日興証券株式会社、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社、小橋工業株式会社、国際航業株式会社、株式会社リバネスが公表されていて、ほかに非公表のLPがいる。

 3号ファンドは2020年5月、目標調達額を100億円に設定して設立された。ファイナルクローズに向けて今後も資金調達活動と、ドローン・エアモビリティ前提社会の実現に取り組む方針だ。。

 追加調達に関してDRONE FUNDは、次世代通信規格5Gなどの活用を通じフィールド業務の自動化、リモート化を可能とし、ドローン・エアモビリティの社会実装に寄与しうるテクノロジー、ソリューションへの投資を展開すると表明している。 

2025年に物流にドローンが活用されているイメージ
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事