3月1日時点の「講習団体」は720 国交省が更新

2020.03.03

  国交省航空局は3月1日、飛行申請手続きの一部免除が受けられる技能認証を得られるドローンスクールの情報を「ドローン情報基盤システムDIPS」上で更新した。航空局が要件を満たすことを確認した講習団体は720となり、2月1日の694から26の増加となった。

「管理団体」4団体系列が全体の69%

  講習団体を管理する「管理団体」は2020年2月1日時点とかわらず46団体。束ねる講習団体の数で多い順番に並べると、首位は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)で157件、2位が株式会社DJI JAPANで113件、3位が一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)で116件、4位が一般社団法人農林水産航空協会で111件。この上位4団体が3ケタとなり、4団体が占める講習団体の合計は497と全体の69%を占める。

  なお5位は一般社団法人無人航空機操縦士養成協会の29件、6位は一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の26件、7位は一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会の24件、8位は一般社団法人ドローン技術社会実装コンソーシアムの23件だった。
  

  国交省は講習団体を、ライセンスごとに件数としてカウントしている。同一事業主でも、複数のライセンスを提供している場合、ライセンスの数だけ講習団体が存在するカウントしている。

講習団体が720になったことを伝える国交省のページ
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事