DJIとDelairが企業向けビジュアルデータ事業で提携 収集、管理、分析を強化

2019.10.05

  DJIと、ビジュアルデータソリューションをリードする仏Delairが9月12日、企業向けのデータ収集や分析を強化した統合ソリューションの開発で協力するパートナーシップを締結したと発表した。パートナーシップには、Delairが世界中の販売チャネルを通じてDJI製品を販売すること、プラットフォーム間の互換性構築に合意したことなどが含まれる。

「エンタープライズドローン業界成熟度の向上を示す重要な合意」

  DJIとDELAIRの統合ソリューションは、2019年9月17〜19日、ドイツのシュトゥットガルトで開催されたINTERGEOカンファレンスのDJIブースで公開された。

  DJIの戦略的パートナーシップディレクターであるJan Gasparic氏は、「DJIは、Delairチームとより緊密に連携することに非常に興奮している。DJIは、信頼性が高くスケーラブルなドローン製品の提供を目指しており、Delairなどさまざまな分野の企業がドローンデータを活用してソフトウェアソリューションを構築できるように提供しています。このパートナーシップは、エンタープライズドローン業界の成熟度の向上を示す重要な合意です」と合意の意義深さを強調。

  Jan Gasparic氏は、「このパートナーシップは、エンタープライズ市場での2社の成功を踏まえています。Delairをエンド・ツー・エンドのビジュアルインテリジェンスソリューションでは、リーディングプロバイダーとしての地域を確固たるものにします。DJIドローンは現在、企業向けに最も多く提供されているドローンハードウェアです。両者のパートナーシップにより、DJIドローン製品とDelairのデータ管理プラットフォームの両方を組み込むためのアクセシビリティが促進され、エンタープライズドローンプログラムに手間のかからないオプションが提供されます」と期待できる利便性の大きさを付け加えた。

  一方、Delairの共同創業者で副社長のBenjamin Benharrosh氏は、「企業向けのドローンは単なるハードウェアソリューションではありません。本当のカギは、収集したデータを活用することです。DJIとDelairは、信頼できるパートナーからエンタープライズレベルのソリューションを提供し、お客様による真のデジタルトランスフォーメーションを可能にすることの重要性を認識しています。このパートナーシップにより、産業界はドローンを使った業務効率の向上を加速するでしょう」と語る。

  建設、輸送、インフラ、公益事業、鉱業、農業などの主要産業では、ビジュアルデータの重要性がますます高まることになり、それに伴いDelairは能力をますます発揮することになる。delair.aiプラットフォームでDJIシステムをサポートすることで、顧客はクラウドベースのシステムの幅広いツールを活用して、業界固有の分析ツールを含むドローンデータから洞察を導き出すことに役立つワンストップショップと選択の自由を手に入れることができる。

Delairの展示ブースには同社のオリジナルの機体とともに、DJI Phantom4 RTKがみえる
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事