マーカーいらずでピンポイント自動着陸 アトラックラボが「AT ランディングシステム」開発 “着陸ベースボックス”は手のひらサイズも視野

2021.01.07

 人工知能とロボティクス開発の株式会社アトラックラボ(埼玉県)が、地上にマーカーを設置せずに、ドローンをピンポイントで自動着陸させることができるシステム「AT ランディングシステム」を開発したと発表した。RTK-GNSSの基地局とコンパスを納めた小型の「着陸ベースボックス」を地面に置けば、そこから5メートル程度の任意の距離で着陸地点を設定できる。ベースボックスはさらに小型化が進む見通し。コンパクト、低価格が特徴で、新型コロナ対策で外出や非接触が奨励される中、オンライン医療に不可欠な、医薬品配送などに力を発揮しそうだ。

RTK-GNSSを用い、低価格でドローンのピンポイント着陸を実現

 アトラックラボが開発した「ATランディングシステム」は、機体側のRTK-GNSS受信機、専用通信モジュール、着陸ベースボックスで構成する。「着陸ベースボックス」は、小型で矢印表示がついていて、地面に置けば矢印の方向5メートル程度で着陸地を設定できる。基地局からドローンへGNSSの補正情報を送るRTKシステムで、設定地点から十数センチ以内の精度をもつ。公開された実験動画では、目標地点に正確に着陸する様子が見られる。

 「ATランディングシステム」では、ドローンが着陸地点に近づいた際に使うことを想定し、ドローンと着陸ベースボックス間に短距離通信を用いる。このため、特別な無線免許は不要だ。RTKの補正にPCを使う必要もない。現在はArdupilotのCubeに対応している。順次、 他のシステムへのカスタマイズも進める。

 アトラックラボの伊豆智幸代表取締役は「着陸ベースボックスは手のひらサイズにまでコンパクトになる予定」と話している。

【会社情報】
株式会社アトラックラボ
埼玉県入間郡三芳町藤久保16-37
代表取締役 伊豆智幸 TEL 049-293-6138
メールアドレス:sales@attraclab.com
アトラックラボホームページ: http://attraclab.com
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事