ロボティクスのRapyuta、Mizuho Innovation Award受賞 過去にエアロネクスト、FLIGHTS、スカイマティクスも

2021.01.18

 ロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」を提供する、Rapyuta Robotics株式会社(東京都江東区)が、株式会社みずほ銀行が四半期ごとにスタートアップなど有望なイノベーション企業を表彰する「Mizuho Innovation Award」に選ばれた。ドローン関連では株式会社エアロネクスト(2019年1-3月期)、株式会社FLIGHTS(2019年10-12月期)、株式会社スカイマティクス(2020年4-6月期)などが選ばれている。

「群制御技術磨きロボティクス普及を」

 「Mizuho Innovation Award」は、ビジネスモデルの優位性、チーム力、成長可能性などを評価して四半期に1回、10社前後の企業を選んで表彰する。受賞企業には、みずほ銀行が大企業とのビジネスマッチングなどのサポートを提供し成長を支援する。

 このAWARDではドローン事業ではないものの多くの事業者に馴染みのあるAI事業を展開する株式会社シナモン、ディープラーニングの株式会社Ridgi-iも過去に選ばれている。

 Rapyutaの受賞について、みずほ銀行は①ロボットの群制御において世界をリードする技術力とグローバルなチームを有している点②既存の設備、オペレーション、ロボットを活かす事ができる、物流現場の目線に沿ったロボティクス・プラットフォームを開発している点③人手不足、DX化といった社会の課題解決につながる、意義のある事業にチャレンジしている点―を挙げているという。

 受賞を受けてRapyuta Roboticsは「今後も、コア技術であるロボットの群制御技術を磨きロボティクスの普及をサポートできるよう事業を加速させてまいります」とコメントしている。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事