かもめやが離島物流の航路を8月に開設 香川・三豊市の粟島・本土間

2021.06.28

ドローン物流事業を手掛ける株式会社かもめや(香川県高松市)は、香川県三豊市で、本土と離島である粟島(あわしま)との間をドローンで結んで運送を担うドローン物流航路を、2021年8月に開設する計画を発表した。離島住民の買い物弱者の解消を目指す。運行は悪天候時を除いて原則毎日行う。同社は「海を越える長期定期航路は世界初」と挑戦への意気込みを示している。

連携協定も締結し、買い物弱者解消など地域活性化に取り組み加速

かもめやがドローン物流航路を開設するのは、香川県三豊市と瀬戸内海に浮かぶ人口約180人の離島、粟島。往復約8kmを原則毎日運航する計画だ。計画では午前中に粟島の住民から買い物の注文を受け付け、当日の午後にドローンで本土側から荷物を運ぶ。ドローンは粟島で荷物を自動で切り離したあと自動帰還。荷物は、切り離されたあと島のスタッフが自宅まで届けることを想定している。ドローンは日本製の機体を使う予定にしている。

かもめやと三豊市は6月、持続可能なドローン物流エリアモデルの実現などに関連する連携協定を結んでおり、ドローンなどを活用した地域活性化の取組を加速する。物流のほか、災害発生時の情報収集にも力を入れる。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事