ローバー開発支援サービス「AT-DRIVEスターター」開始 アトラックラボがドローン開発支援に続き

2020.10.13

 株式会社アトラックラボ(埼玉県三芳町)は10月12日、作業用無人車両(ローバー)の開発支援サービス、「AT-DRIVEスターター」を開始したと発表した。同社は国産ドローン開発の支援サービスを表明しているが、それに続く無人機開発支援サービスとなる。プラットフォームや制御ソフトなどでサポートする。

「自動運転」への課題に突き当たったときに、お手上げにさせない!

 開発支援サービス「AT-DRIVEスターター」でのベース車両には、積載量の小さい小型車から100㎏を積載できる車両までを複数用意し、相談者の作業や用途に応じたローバーの開発を支援する。ドローン開発サービス支援同様、ArduPilot系のオープンソースを活用した開発支援で、「The Cube」を使うことを念頭においている。

 アトラックラボの伊豆智幸氏は、「作業を便利にするために車両を開発しようと思い立っても、自動運転に突き当たったときに、行き詰まったりお手上げになったりすることが多いという話を聞きます。しかしそこで、(ArduPilotの)Pixhawkというものが分かり、ミッションプランナーが分かれば、おもしろがってつくれると思っています。趣味の延長の感覚で、実用機を手作りしたい人をサポートさせて頂きます」と話してる。

株式会社アトラックラボ:TEL 049-293-6138
・メールアドレス:sales@attraclab.com
・アトラックラボホームページ:http://attraclab.com
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事