BIがELIOS2専用ソフト「Inspector 3.0」を6月7日リリース 飛行空間を3D化、撮影位置も表示

2021.06.04

 ブルーイノベーション株式会社は、屋内点検用ドローン「ELIOS2」向けの点検支援ソフトウェア「Inspector 3.0」を6月7日にリリースすると発表した。飛行した空間のの3D点群マップを生成し、撮影位置も生成した点群マップ上に表示する。ELIOS2で発見した劣化個所を修繕するさい、場所を再確認する手間が省ける。ELIOS2と同じスイスFliability社が開発した。ブルーイノベーションは6月14日から千葉・幕張メッセで開催されるドローンの大型展示会、Japan Drone 2021に出展するブースでデモンストレーションを行う。

Japan Drone 2021でデモンストレーション

 Inspector 3.0はドローン点検につきまとう場所特定の手間を解消するソフトウェア。ELIOS2のログデータなどに基き3D点群マップをつくり飛行経路を表示する。またELIOS2での点検の最中に不具合を見つけて撮影すると、その映像や画像を生成した3D点群マップ上の該当箇所を特定する。可視映像、赤外線映像の確認ができ、映像に映し出されたクラックは長さを計測できる。取得した画像が歪んでいた場合、補正する。点検データのアーカイブ機能やレポート機能も備える。

 ドローンの点検は、作業員が点検場所に出向かずにすむ利便性が高い一方、その箇所を修繕に出向くためには、検知した場所の記録、共有に工夫が必要となることが起こる。ELIOS2で点検する場合、Inspector 3.0と組み合わせることで検知場所を修繕作業に引き継げるため、特定作業負担から解放される。

 「リリース」の方法や内容、料金については発表をしておらず、同社に問い合わせをすることを求めている。

データ取得後、ELIOS2をInspector3.0に接続すると飛行した空間の3D点群マップができあがる
ブルーイノベーションのJapan Drone 2021でのプレゼンテーションの時間
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事