航空局がDIPS情報更新 講習団体は800

2020.07.02

国土交通省航空局が7月1日、「ドローン情報基盤システム」上でドローンスクール情報を更新した。7月1日時点の講習団体数は800となり、前月5月1日時点の783から17増加した。講習団体を管理する管理団体は49で前月と同じだった。

JUIDA、DPCA、DJIで過半数の54.25%

7月1日付で新たに掲載された講習団体は19。一方で2つが姿を消した。

 

 管理団体を、加盟する講習団体数で整理すると最大は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の168、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の150、DJI JAPAN株式会社が116。一般社団法人農林水産航空協会の74がこれに次ぐ。上位3団体で講習団体全体の54.25%、上位4団体で63.5%を占める。

 

 国交省は2017年6月1日に講習の底上げを図るためにホームページでの掲載をスタート。当時は管理団体が4、講習団体が43だった。講習団体はこれまでに757増加した計算だ。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事