葉色解析クラウドサービス「いろは」4月8日従量課金プランと解析オプションサービスの提供開始

 株式会社スカイマティクス(本社:東京都中央区、代表取締役 渡邉善太郎)は、葉色解析クラウドサービス「いろは」に、様々な経営規模の企業を対象に、新料金体系として「従量課金プラン」と、新解析サービスとして「解析オプション」を実装し、4月8日より提供を開始すると発表した。
 

 葉色解析クラウドサービス「いろは」は、葉色画像の診断・管理をインターネットを通じて簡単に行うことができるサービス。ドローンにより撮影された画像は「いろは」にアップロードされることで、圃場内の位置に合わせて自動的に配置、記録され、クラウドサービス上に用意された生育診断機能を利用することで作物の生育状況や病気や害虫、雑草といった農地の状況などを画像毎に記録することが可能となる。

■新料金プラン

 リニューアルでは、従来の定額プランに加えて年額12,000円から利用可能な従量課金プランを開始。

 解析オプションでは、オルソモザイクやDSMの生成の他に、画像処理・AI解析技術を用いた雑草解析や葉物野菜の生育診断、収量計算などが利用可能となる。

解析事例『キャベツの生育管理』

 葉色解析サービス「いろは」では、最大一ヶ月間の無料トライアルが可能。画像に位置情報を付与する機能を有する市販ドローンにも対応され、お手持ちのドローンを使ってすぐにご利用できる。

 今後も画像解析・AI技術を用いて葉色解析クラウドサービス「いろは」の機能を強化し、農業従事者の皆様の超省人化・生産性向上に繋がるクラウドサービスの開発・提供を目指すとのこと。

■葉色解析クラウドサービス「いろは」概要

いいね!と思ったらシェア!
関連する記事