深圳NOW! 深圳UAV EXPO本日開幕 エアロネクスト、JUIDAが出展

2019.06.20

 ドローン開発で世界をリードする中国・深圳では6月20日、「The 4th Shenzhen Internathonal UAV EXPO 2019」(深圳市无人行机業協会=Shenzhen UAV Industry Association主催)が、会展中心(Shenzhen C onvention & Exhibition Center)で開幕します。地元、中国のメーカーのほか世界各国からも多くが出展する世界最大規模のドローン展示会で、期間中は出展者らによる来場者の関心を引き寄せる競争が繰り広げられます。日本からも株式会社エアロネクスト(東京)が、スタートアップとして初参戦します。世界中の高い頭脳の持ち主がエンジニアや研究者、経営者として中国の企業で力を発揮していますが、そんな中国企業や世界各国の関連企業が一堂に集まる中、世界のコンテストで入賞を獲得しまくったエアロネクストが世界進出にはずみをつけます。また一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)もブースを出展します。開催は22日まで。

エアロネクストは中国生産機を公開 期間中、田路CEO、川ノ上総経理が登壇

UAV EXPOが開催される中国・深圳の「会展中心(Shenzhen Coevetion & Exhibition Center)」
開催直前、ブースで展示の指揮をとるエアロネクスト現地法人、天次科技(深圳)有限公司の川ノ上和文総経理

 エアロネクストは、ブースに同社の重心制御技術、4D Gravity®️を搭載したNext DELIVERY、 Next INDUSTRYなどの機体を並べ、来場者が実物を間近で見ることができるようにレイアウトします。

 展示する機体は、エアロネクストが、中国の量産支援の持ち主スタートアップ、SVVと提携して生産された機体で、今後、中国との連携を拡大する同社の方向性を伝える戦略的なストーリーを乗せた機体でもあります。

 開幕初日の20日には同社の田路圭輔代表取締役CEOが2回登壇し、それぞれ新たなビジネス戦略について発表を行う予定です。2回の発表はそれぞれ新しく公表する情報を含めた独立した内容になる予定です。5月に深圳に設立した同社の現地法人、天次科技(深圳)有限公司の川ノ上和文代表も、同時開催されるThe 3rd Drone World Comgsessのサプフォーラムに21日に登壇し「次世代産業ドローンの重心制御技術:4D Gravity®️」と題してプレゼンテーションを行います。

 2人はブースにも立ち寄り、来場者との交流を図ったり、メディアの取材を受けるなどので活動をします。伊東奈津子CMOも来場する予定です。

 「The 4th Shenzhen Internathonal UAV EXPO 2019」には、このほか日本の一般社団法人日本UAS産業信仰協議会が出展します。ほかにも日本でなじみの深いDJIのほか、EHANG、YUNEEKなど名の知れた企業のほか、農業機で業績を伸ばしているXAG、物流機のSMD、ドローショーで知名度を拡大させているHIGH GREATなどもブースを出してしており、新たなマッチングの可能性に満ちた開催となりそうです。

エアロネクストのブースでEXPO来場者を待つNext DELIVERY
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事