管内点検ドローン「Fi4」 NJS,ACSL,FINDiが5月31日に共同発表

2021.05.17

 株式会社NJS(東京)、株式会社自律制御システム研究所(ACSL、東京)と、6月に両社が出資して設立する点検・調査サービスの株式会社FINDi(東京)は5月17日、下水道管路など閉鎖性空間点検をするための専用ドローンAir Sliderの新型機「FI4」のオンライン発表会を開催すると発表した。発表会は5月31日に開催し、機体、点検技術、調査技術などの紹介が行われる予定だ。

AirSliderの新モデル 「これまでの成果を結集」した機体

NJSとACSLは現行モデルAirSliderを共同開発している。新モデルはれまでの成果を集約して開発した。6月に発足する新会社FINDiの狩猟プロダクトとなるとみられる。

 発表会は5月31日、オンラインミーティングのプラットフォームZoomを通じて行う。3社の代表者や事業責任者らが登壇し、新モデルの特徴や技術、新会社FINDiのサービス開始について述べる予定だ。

 

いいね!と思ったらシェア!
関連する記事