6月1日講習団体783 公表開始から3年で18.2倍

2020.06.03

 国交省航空局が「ドローン情報基盤システム」上で更新した6月1日時点の講習団体数は783で、前月5月1日時点から18増加した。講習団体を管理する管理団体は49で1増加した。

管理団体上位3団体で講習団体の53.5%占める

 6月1日付で新たに掲載された講習団体は24。一方で6つの講習団体が先月から姿を消した。

 管理団体を、加盟する講習団体数で整理すると最大は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の163、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の141、DJI JAPAN株式会社が115で、大手3団体で講習団体全体の53.5%を占めた。

 国交省は2017年6月1日に講習の底上げを図るためにホームページでの掲載をスタート。当時は管理団体が4、講習団体が43だった。3年間で管理団体が45増加し12.25倍に、講習団体は740増加し18.2倍になった。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事