スカパーJSATも子会社エンルートの解散を報告 解散は書面決議で

2021.06.07

 株式会社エンルートを連結子会社として持つ株式会社スカパーJSATホールディングス(東京)は、公式サイトでエンルートの解散を伝えた。「競争激化」と「事業譲渡終了」を解散理由としている。またスカパーJSATHDはエンルート解散により2022年3月期の連結損益計算書での税金費用の約9億円の削減を見込むとしている。なお6月3日に開催されたエンルートの臨時株主総会では書面決議で解散決議が行われた。

解散理由は「競争激化」と「事業譲渡終了」

 スカパーJASTHDによると、同社は2016年7月からエンルートを連結子会社としていた。グループの株式会社衛星ネットワーが52%、スカパーJSAT株式会社が48%を保有しており、スカパーJSATグループで間接的に100%の株式を保有していた。

 スカパーJSATの公式サイトは「解散の理由」について「エンルートは、2016 年7 月から当社連結子会社となり、産業用ドローンの販売等の事業を展開してまいりましたが、海外メーカーの日本市場参入による競争激化等により、厳しい経営状態が続いておりました。このような中、同社は 2021年1月に㈱NTT e-Drone Technology への一部事業譲渡を行い、当社グループにおけるドローン事業会社としての役割を終えたため、解散することといたしました」と伝えた。不正受給の影響などについては直接言及しておらず、スカパーJSATはドローントリビューンの取材に「直接の原因ではなく、それ以前から経営状況は良いとはいえなかった」と話している。

 6月3日に行われた臨時株主総会は、エンルートの解散について書面を通じてやりとりをする書面決議で行われた。定時株主総会で行われるような株主と会社側との質疑はなかったという。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事