テラドローン、低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションの提供を開始

テラドローン株式会社(東京都渋⾕区、代表取締役/徳重 徹、以下テラドローン)は、低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始いたしました。

この弊社のドローンソリューションは、漁業や国防をはじめ、様々な分野において活⽤することができます。本ソリューションを活⽤することで、従来使⽤してきたヘリコプターを運⽤する必要がなくなるため、パイロットによる操縦が不要となります。結果として、運⽤コストの削減、危険性の低減に繋がるため、低コストで安全な⿂群探索、効率的な海上の安全管理が実現いたします。AIを活⽤したデータ処理により、不審船・巡回船など動きのある対象の発⾒や追尾も可能です。

テラドローンは、今後も、ドローンソリューションの提供を通じ、漁業における効率化、海上保安における安全性向上の促進に貢献してまいります。

以下、漁業と国防分野における、それぞれの活⽤についてご説明します。

これまで、遠洋漁業における⿂群探索のために、ヘリコプターが使⽤されてきました。その⽅法では、年間およそ5000万円もの運⽤コストがかかります。しかし弊社のソリューションを活⽤することで、このコストを削減でき、さらにはパイロットの運転に伴う危険性も低減できます。また、ヘリコプターを搭載しない⽐較的⼩型な船舶では、⿂群の存在有無を確認するために、実際に船を移動させなければなりませんでした。その結果、燃料と時間の無駄が発⽣していました。しかし、弊社のドローンソリューションを活⽤することにより、最⼤ 50kmにわたる海上をモニタリングすることで、効率良く⿂群を発⾒できます。結果として、最短の移動距離で最⼤の効果を得ることができます。

現在、海上の保安状況を把握するために、レーダーやAIS(航⾏中の船舶の位置を追跡するシステム)が使⽤されています。これらの⽅法によって探知された不審船などを実際に確認するためには、別途、ヘリコプターや航空機の運⽤が必要でした。そのため、多額の運⽤コストが発⽣しており、パイロットの安全⾯においてもリスクを伴っていました。しかし、弊社のドローンソリューションを活⽤することにより、陸地にいながら最⼤50km先の現場をライブ映像で確認することができます。結果、運⽤コストが節減され、より安全で迅速な確認が可能になります。また、AIを活⽤したデータ処理能⼒により、不審船・巡回船などをターゲットとして発⾒し、追跡まですることができます。さらに、IP67 規格の防塵・防⽔性能を備えているため、強⾵、⾼湿度、ほこり、潮⾵などの海上の厳しい環境にも対応可能となっています。

いいね!と思ったらシェア!
関連する記事