ソニー「Airpeak」の機体をCES 2021で初公開 「フルサイズミラーレス一眼カメラα搭載可能機体として世界最小」

2021.01.12

 ソニー株式会社は、ドローンプロジェクト「Airpeak」の機体をオンラインで開催されているCES2021で公開した。この日公開されたのは機体の外観と映像で、ペイロードにはフルサイズミラーレス一眼カメラα(アルファ)を搭載可能という。α搭載可能機として世界最小ドローンとなる触れ込みだが、仕様などは基本的な飛行性能を含め公表されておらず、今後随時更新される見込みだ。

「新たな表現の可能性を追求しながらエンタテインメント市場への貢献」

 ソニーは、AIロボティクス領域でドローンプロジェクトを推進しており、今春、具体的にドローン事業に参入することを昨年11月、公表していた。

 参入第一弾、プロフェッショナル映像制作領域で、「映像制作クリエイターの創造力を余すことなく支援するため、ペイロードにはフルサイズミラーレス一眼カメラαを搭載可能としており高画質空撮映像を実現します」と表明した。また「ダイナミックな撮影や緻密で安定した飛行を可能とし、新たな表現の可能性を追求しながらエンタテインメント市場への貢献を目指します」と抱負を説明している。

 ドローン事業について「展開します」とは表明しているものの、販売なのか、リースなのか、など事業内容については触れていない。

 公表したニュースレターには「ソニーは今後もプロジェクトに関連する情報を継続的に発信するとともに、Airpeakを体験いただく機会を通じてドローンユーザーからフィードバックを得るプロフェッショナルサポーターの募集を2020年12月より開始しており、商品化に向けて共創活動を行っていきます。本プロジェクト情報はこちらのサイトで随時アップデートしていきます。」と説明しており、春に向けて事業の全体像が具体化することになりそうだ。

Airpeakのサイトはこちら:https://www.sony.co.jp/SonyInfo/airpeak/?j-short=airpeak

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事