第3回富士山UAVデモンストレーション 11月3日に御殿場で開催

2021.11.01

 今年も御殿場の空をドローンが舞う季節がやってきた。慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム(代表、古谷知之教授)は、ドローンの飛行展示会「第3回富士山UAVデモンストレーション」を11月3日(水・祝)に、御殿場市総合体育施設陸上競技場、体育館(静岡県御殿場市)で開催する。陸上競技場ではドローン関連の企業10組がデモフライトを披露し、この10組を含む21組がドローンの機体や関連技術を展示する。入場は無料だ。空模様次第で、雄大な富士山とドローンの共演を目に焼き付けるチャンスだ。

10組が飛行、計21組が出展 開会式MCに谷プラスワン氏

「富士山UAVデモンストレーション」の開催は2019年、2020年に続き3回目。開催地である御殿場市が共催し、南関東防衛局が後援する。400mトラック8コースを備える陸上競技場のフィールドの上空をドローンが飛行するデモフライトと、体育館に機体の実物やドローンの個性や性能を引き出す関連技術を展示する展示会で構成する。出展者は21組で、そのうち10組がデモフライトを披露する。

デモフライトでは国内外の機体がそれぞれの個性を競う。重量のある荷物の運搬用の機体の開発で知られるサイトテック株式会社、ハイブリッドドローンの開発で知られる株式会社エアロジーラボなどが今回、デモフライトに初登場する。海外メーカーの話題機を含め、回転翼機、固定翼機、VTOL機が登場する予定で、“飛びざま”を肉眼でとらえる好機となりそうだ。また午前11時から予定されている開会式にはMCとしてドローン芸人として活躍中の谷プラスワンさんが登場する予定だ。

 デモフライトに登場する10社を含む、21社が展示ブースを設ける。デモフライト機の質感を確かめたり、担当者と情報交換をしたりすることができ、飛行展示会ならではの濃い情報交換が可能な機会となりそうだ。

また、機体の個性を高める企業の展示も注目だ。GISソフトウェアで知られる米Esri社の国内総代理店ESRIジャパン株式会社、フォトグラメトリーと地理空間ソフトウェアを世界で展開するスイスPix4D社の日本法人など話題企業が出展する。米Skydio社との連携で基地局点検などへのドローン活用を急拡大させている株式会社NTTドコモは資料展示にとどまるが、機体、関連展示ともにチェックしておきたい。

 3日のデモンストレーションと展示会の入場は無料だ。

概要

■イベント開催概要  

日程:2021年11月3日(水・祝)10:00~17:00 ※展示会は雨天決行

場所:御殿場市陸上競技場(静岡県御殿場市茱萸沢658−4)、御殿場市体育館(茱萸沢670−1)

主催:慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムUAVデモンストレーション実行委員会

共催:御殿場市

後援:南関東防衛局
公式サイトはこちら

■出展予定事業者(敬称略/順不同)

・菱田技研工業株式会社

・エアロセンス株式会社

・イエロースキャンジャパン株式会社

・(株)イデオモータロボティクス

・株式会社エアロジーラボ

・有限会社森山環境科学研究所

・Pix4D株式会社

・ジオサーフ株式会社

・株式会社WorldLink&Company(SkyLink Japan)

・有限会社ボーダック

・株式会社ジェピコ

・株式会社空撮技研

・サイトテック株式会社

・エアロファシリティー株式会社

・株式会社トプテック

・株式会社ドローンママ

・ESRIジャパン株式会社

・株式会社リヴィングロボ

・株式会社NTTドコモ

■デモフライト実施予定企業(敬称略)

・株式会社空撮技研

・ジオサーフ株式会社

・有限会社森山環境科学研究所

・エアロセンス株式会社

・株式会社ドローンママ

・株式会社イデオモータロボティクス

・イエロースキャンジャパン株式会社

・株式会社WorldLink&Company

・サイトテック株式会社

・株式会社エアロジーラボ

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事