SkyDrive、神戸・六甲山で配送サービスの実験 セイノー、神戸阪急、トルビズオン、成ワ薬品と 神戸市も協力

2020.08.07

 “空飛ぶクルマ”の開発で知られる株式会社SkyDrive(東京)など5社は8月6日、神戸市灘区の六甲山で、日用品をドローンで自動配送をする実証実験を実施した。洋菓子、医薬品などを「鉢巻展望台」から「六甲山記念碑台」までSkyDriveのカーゴドローンで運び、費用、輸送時間を含めた配送品質を評価し、ドローンによる物資輸送の実装につなげる。

カーゴドローンで費用、時間など有効性を検証

 SkyDriveは空飛ぶクルマの開発で培ったドローンの技術で、重量の大きな荷物の配送に特化したドローンの開発を進めている。実験は同社のほか、セイノーホールディングス株式会社(岐阜県大垣市)、株式会社阪急阪神百貨店(大阪市)の神戸店である神戸阪急(神戸市)、株式会社トルビズオン(福岡市)、成ワ薬品株式会社(神戸市)が実施。神戸市が協力した。

 実験の背景には物流が抱える課題意識がある。物流では、荷物を希望の時間に届ける運用が進む一方、地形が希望を満たす障害となり、費用がかさんだり、配達ができなかったりする課題が残る。今回は同様の課題を抱える六甲山エリアで、麓から山上までドローンで自動配送し、費用、輸送などの軽減につながるかどうかを検証した。

 荷物は小売店商品、飲食物(米飯、洋菓子)、医薬品。商品温度管理調査、一般用医薬品(第2類)の配送、六甲山上空での携帯電話の有効性、社会受容性(土地所有者、近隣居住者の理解)などをテーマに掲げた。

 SkyDriveは今後、山間部での配送サービスの実用化を目指すとともに、2022年にも解禁される有人地帯での目視外飛行の実現を視野に、都市部でドローンによる宅配サービスの実用化も目指すとしている。

■今回の実験での各立場の役割
・SkyDrive:運搬用ドローンの提供と現地でのオペレーション
・セイノーHD:物流業、配送物の温度管理
・神戸阪急:運搬する飲食物の提供(米飯、洋菓子)
・トルビズオン:プロジェクトマネジメント、飛行ルートの地権者調整(空の道設計)
・成ワ薬品 :運搬する医薬商品の提供(第二類一般医薬品)
・神戸市:自治体所有地の提供、地権者との調整

■参加者の談話

<神戸市・松崎太亮企画調整局つなぐラボスマートシティ担当課長>

神戸市は、先進的な技術を活用して、人間中心の目線で社会的な課題の解決を目指す「Be Smart KOBE」プロジェクトを推進しています。今回の実証実験は、本プロジェクトおよび「六甲山上スマートシティ構想(本年5月発表)」に位置付けており、民間事業者が主体となったドローンによる搬送が、物流業界の人手不足の解消や環境問題への対応、ラストワンマイル配送による感染症リスクの低減など、新たな市民サービスやビジネスモデルとして創出されることを期待します。

 

<セイノーHD・加藤徳人オープンイノベーション推進室課長>

今回の六甲山のように、輸送ハードルが高い、または非効率な地域は日本各地に点在しています。こうした地域でドローン等の新たなテクノロジーを活用したロジテック・イノベーションは、物流事業者の業務の自動化、省人化を図るなど、業務効率化への期待だけは無く、地域社会の様々な社会課題を解決し得ると考えております。SkyDrive様には、より次元の高い安全・安心のドローン輸送を実現できる機体の開発はもとより、「空飛ぶクルマ」の開発にも大きく期待しております。

 

<株式会社トルビズオン・増本衛CEO>

 本実証実験では「混載型ドローン配送(日用品、冷蔵品、医薬品、自治体書類等)」を達成することができ、満足しております。今までの実験結果から、sora:shareが目指す社会受容性向上のコストを含む事業モデルをペイしながら、持続可能なものとするには、混載可能な機体の導入が必須であると感じていました。空飛ぶクルマの技術を基礎とする貴社のカーゴドローンは、安全性の確保、高重量対応という点で高く評価できます。「社会に広く受容されるドローン事業モデル」を共創していくパートナーとして、今後も連携を続けさせて頂ければと思います。

参考:小型無人機の有人地帯での目視外飛行実現に向けた制度設計の基本方針

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事