エンルートがドローン事業譲渡し撤退へ NTT東日本系の新会社「e-Drone」が開発継承

2021.01.18

 日本製ドローンの開発を手掛けてきた株式会社エンルート(埼玉県朝霞市)は11月18日、同社のドローン事業を、新しく発足するNTT東日本系の株式会社NTT e-Drone Technology に譲渡すると明らかにした。新会社e-Droneは現在のエンルートの社屋に本社を構え、2月1日から事業を開始する。昨年発覚したエンルートの助成金不正受給に関わる対応は譲渡される事業に含めず、引き続きエンルート側で対応する。また譲渡後のエンルートの事業については「親会社であるスカパーJSATグループの中で見直しを図る」としており、ドローン事業からは事実上の撤退となる公算だ。2006年10月の設立から日本のドローン産業をけん引してきたエンルートは、ドローンの表舞台から姿を消すことになりそうだ。

2月1日にエンルート現社屋に新会社

 エンルートはこの日、「2021年1月31日をもちまして、ドローン事業及びこれらに附帯関連する事業の一部を、株式会社NTT e-Drone Technology(以下「事業譲受会社」)へ譲渡することになりましたのでお知らせいたします。ここに永年にわたり賜りましたご愛顧、ご厚情に対しまして衷心より御礼申し上げます。」と表明した。

 親会社の株式会社スカパーJSATホールディングスも同日、連結子会社にあたるエンルートからe-Droneへの事業譲渡を発表。この中で「当社グループはNTTグループやパートナーとの連携で、引き続き衛星通信とドローンの連携を促進し、山間・島しょ部等の通信不感帯や見通し外飛行における技術的課題の解決、画像解析等のソリューションの提供等、サービス領域のさらなる拡大に取り組む」(一部抜粋)と表明。また業績への譲渡が業績に与える影響を「軽微です」と公表した。

 エンルートによると、譲渡するのは、ドローンの機体開発、製造、販売、保守・点検、スクール運営、飛行データ管理、農薬散布、データ収集・加工など。発表では「事業の一部」と表現されているが、継続可能なドローン事業はe-Droneが引き継ぎ、継続しない事業は整理され、不正受給処理対応関係は当面の間エンルートが担う、という対応になるとみられる。

 また今回の事業譲渡では、エンルートの社員がそのままe-Drone の社員になることにはなっていない。2月以降はエンルートで開発、製造に関わっていた担当者を中心にe-Droneで開発を担う見通しだ。

 エンルートについては親会社の株式会社スカパーJSATホールディングスが1年以上前の019年ごろから同社の経営健全化、資本政策などを検討し、NTT東日本側に事業譲渡を持ちかけていた。しかし2020年にエンルートが国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に採択された事業で助成金、委託費の受給をめぐる不正が発覚し、2020年2月に社長を交代するなど経営を一新。またその後に行った調査で、農林水産省や国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)関係でも不正が見つかったため、受給した資金を返納し、9か月の指名停止処分を受け、事業譲渡に踏み切るタイミングがこの時期になった。

 エンルートは今回の事業譲渡に先立ち、先月(2020年12月)末に、既存の機体の大半について生産終了に踏み切った。同社は部品調達が困難になったことを理由にあげている。製造販売を修了したのは、農業用ドローン「AC940D」「AC1500」、産業用ドローン「QC730」、「QC730TS」、「CH940」、「PG390」、「PG560」、「PG700」で、いずれも国土交通省の「飛行申請で書類の一部を省略できる機体」の一覧に掲載が認められている。この生産終了により、エンルートが生産するドローンは農業用ドローン「AC101」と、産業用ドローン「EC101」に集約。今回の事業譲渡により新会社e-Droneも農業に力を入れる方針を表明しており、引き継ぎ機体は新会社の事業に合致する。

 新会社e-Droneは、エンルートの事業譲渡が公表された1月18日の同日、東日本電信電話株式会社(NTT東日本、株式会社オプティム、株式会社WorldLink & Company(京都市)の3社が設立を発表した。エンルートの開発系のメンバーを中心に30人程度で構成し、当面は農業用ドローン分野が事業の中心となる。資本金は4.9億円。筆頭株主はNTT東日本で2021年度は売上10億円、5年後に40億円規模を目指す。e-Droneを設立した 3社はこの日の記者発表会し、ドローン市場への期待などを表明している。

■エンルートの「当社の一部事業譲渡に関するお知らせ」はこちら
■スカパーJSATの「当社連結子会社の一部事業譲渡に関するお知らせ」はこちら
■NTT東日本の「ドローン分野における新会社設立及び事業開始について」はこちら

埼玉県朝霞市のエンルート本社。2月1日からNTT e-Drone Technologyが事業をはじめる
エンルートの主力機「AC101」が初めて一般に公開された2019年10月の展示会「農業WEEK」。エンルートのブースに多くの人が集まっていた。右側にAC101の聞いた五機体がみえる=2019年10月、千葉・幕張メッセ
低燃費を全面に押し出した「AC101」のお披露目展示=2019年10月、千葉・幕張メッセ
新会社NTT e-Drone Technologyの概要
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事