神奈川県、第2回ドローン前提社会ネットワークを12月26日に開催

2019.12.09

  ドローンが事業や生活に根付く「ドローン前提社会」の実現を目指している神奈川県が12月26日、「第2回かながわドローン前提社会ネットワーク~ドローンを活用した災害対策について~」を開催する。来賓の講演、モデル事業や取り組みの事例の紹介や、交流会の開催が予定されている。入場は無料。

テーマは「ドローンを活用した災害対策」

  神奈川県がネットワークを開催するのは2回目。9月に行われた第1回でモデル事業の募集を公表し、11月21日には応募のあった31件から7件の事業を採択した。

 

  採択されたのは、▽NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン(災害対策への空撮ドローンの総合的活用)▽株式会社リコー(音響通信を活用した防災及び観光振興)▽パーソルプロセス&テクノロジー株式会社(公共施設における施設点検の効率化)▽エミー測量設計有限会社(海岸線の3Dデータ化と解析モデル)▽一般社団法人神奈川県ドローン協会(空撮による県内の観光資源の発掘)▽株式会社アイネット(ドローン活用人材の育成)の7件。

  今回は台風19号など相次いだ自然災害への取り組みも含めた災害対策を切り口にドローンの活用事例を紹介し、有効性を検証する。

 

  「第2回かながわドローン前提社会ネットワーク~ドローンを活用した災害対策について~」の概要は以下の通り。
・日時:令和元年12月26日(木)13:30~15:30
・会場:ワークピア横浜2F(横浜市中区山下町24−1)
・プログラム(予定):
  第一部(13:30~14:40)
  (1)講演「空の産業革命に向けた国の取組みについて」(内閣官房小型無人機等対策推進室)
  (2)ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業の紹介等(神奈川県政策局未来創生課)
  (3)ドローンを活用した災害対策の取組み事例の紹介(ドローン関連企業)
  第二部(14:50~15:30)

  交流会及びドローン展示会
・申し込みは参加申し込みフォームから。

  また随時会員の募集も行っている。入会申し込みフォームはこちら(入会無料)

会場となるワークピア横浜
ドローン前提社会の実現に力を入れる神奈川県
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事