500機のドローンがマーライオンを投影! シンガポールで「STAR ISLAND」のカウントダウン

2020.01.03

  シンガポール観光の中心、マリーナ・ベイで開催されたカウントダウンイベントで、エイベックス・エンタテインメント株式会社(AEI)などが組織する「STAR ISLAND実行委員会」が主催した「STAR ISLAND SINGAPORE COUNTDOWN EDITION」が、2万人を魅了した。日本の伝統花火、3Dサウンドに加などの演出に加え、500機のドローンが天体にマーライオンを描くなど華麗なショーを披露し喝さいを浴びた。

2020年末も開催 日本発の光のエンターテインメントへ

  「STAR ISLAND SINGAPORE COUNTDOWN EDITION」は前回2018~2019に続き2回目。シンガポールのUrban Redevelopment Authority(都市再開発庁)、Singapore Board(シンガポール政府観光局)が後援した。

  ドローンの演出は今回はじめて採用され、夜空にクラゲ、クジラ、ダイヤモンド、ロケットなどを次々映しだと映し出し、シンガポールのアイコン、マーライオンがあらわれると会場が盛り上がった。2020年になった瞬間には花火とドローンアートが夜空をおおい、集まった人がスタンディングオベイションでショーを称えるなどクライマックスを迎えた。

  STAR ISLAND SINGAPORE COUNTDOWN EDITIONは2020年~2021年にも開催が決まっており、日本を代表する夜空のエンターテインメントとして、世界の都市に賑わいを創出する。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事