ご注意! コンファレンス「早割」入手は9/18までに! JapanDroneの聴講チケットについて

2020.09.16

 千葉・幕張メッセで9月29、30日に開催されるドローンの大規模展示会「Japan Drone 2020」のコンファレンス早割チケット入手は9月18日までにー。「有料コンファレンス」を会場で聴講する場合、正規料金の半額になる早期割引料金で購入できるのは9月18日までです。9月19日以降の購入は正規料金になります。ドローントリビューンでは7月、当時の説明に基づき、これとは異なる説明を掲載しておりましたが、今回、訂正させて頂きます。早割割引チケットの入手は9月18日までですので、ご注意ください。

7月の事前説明とHPの説明に違い トリビューンが確認

 有料コンファレンスの会場聴講料金について、7月21日に開かれた「概要発表会&出展者説明会」で、共催者の株式会社コングレは、正規料金の半額が適用される「事前購入」と、正規料金が適用される「当日購入」の2通りがあることを説明していました。しかしその後、Japan Drone 2020公式サイトは、「早期割引(9/18まで)」「9/19~当日」と掲示しました。割引料金で購入できる期間について、事前の説明と、HPの掲載内容とに食い違いがあると感じ、同社に確認をしたところ、現在の公式サイトが正しいとの結論に至りました。

 ドローントリビューンは、7月21日の「概要発表会&出展者説明会」に参加。その日の説明に基づいて、事前に購入すれば割引適用が受けられることを紹介した記事を掲載しておりました。しかし、コングレから公式サイトの掲載内容が正確であると正式に連絡をうけたことで、本日9月16日、改めて、半額料金が適用される早期割引は、9月18日購入分までが該当することを、お伝えするものです。7月に掲載した記事についても、料金にかかわる説明を一部、修正させて頂きます。期限ぎりぎりでのご報告は誠に心苦しい限りで、読者のみなさまには申し訳なく思っております。

 なおコングレは9月16日、公式サイトに、「コンファレンス早割特典の申し込みがまもなく終了します!」とのメッセージを掲載しました。サイトの文面に「早期特典」とありますが、これは、割引のことを指しているとみられます。

 JapanDrone2020では、「国際展示会」と呼ぶ展示、デモフライトなどのショー系と、「国際コンファレンス」と呼ぶ講演、シンポジウム、セミナーなどトーク系の催事が行われます。国際コンファレンスは、会場で聴講するほかに、インターネット回線を通じて同時中継で聴講する方法もあり、いずれも選択できます。主催者は今回のJapanDrone2020について、リアルとオンラインのいずれでも参加が可能である点を特徴に掲げています。

 国際コンファレンスには、無料のものと、有料のものがあります。有料コンファレンスは、会場で聴講する場合の正規料金は3000円です。オンライン聴講の場合は一律1000円です。ただし、会場聴講の場合でも、9月18日までに申し込めば、早期割引が適用されて半額の1500円で聴講できます。9月19日以降に購入すると、3000円の正規料金が適用されます。

「有料コンファレンス」の料金が掲載されている公式サイト
公式サイトに9月16日に掲載されたメッセージ
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事