【講習見学】DPCAフライトオペレーター~埼玉・嵐山

 一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の独自技能認証「DPCA  DRONEフライトオペレーター操縦技能証明証」の講習がこのほど、埼玉県嵐山町で開催された。経験あるインストラクターが知識、技能の基本を丁寧に教えていた様子を見学した。

 広大な研修施設で3人の講師がつきっきり

  講習が行われた会場は、埼玉県嵐山町にある広大な敷地を誇る国立女性教育会館。センター合宿、セミナー、トレーニングなど幅広い用途に対応する設備が整っていて、フライトオペレーター操縦技能講習は研修棟の教室で座学、体育館で実技が、2日間の日程で行われた。座学は上原陽一DPCA代表理事が直接担当。実技はDPCA認定インストラクターの森英昭さん、中島尚子さんが担当した。

  講習を受けたのは男性3人。初日の座学でドローンが飛ぶ仕組みやルールなどの基本が伝えられたあと、同日午後3時過ぎに体育館に移動し、実機をつかって電源の入れ方、プロペラの取り付け方、確認の仕方、タブレットでGPS信号が十分に届いているかどうかの確認、などが基本作業についてを手際よく、丁寧に伝えられた。

 ドローン事業を手掛けるアイエイチプランニング(東京)の代表として、空撮や橋梁点検、ソーラーパネル点検など数多くの実績がある森さんは講習の間に、「バッテリーは余裕をもっておくことが重要。100メートルの高さから着陸させるのに10%消費することも覚えておく必要がある。自分が運用するときには、バッテリー残量が40%を切ったら機体を地面に降ろすことにしている」などと、経験をふまえた実践的なアドバイスもしていて、参加者の興味をかきたてていたようだ。

  受講生3人に対し、3人の講師がつきっきりで指導するぜいたくな態勢で、受講生は疑問がわいたらその場ですぐに質問ができる環境の中、カリキュラムをこなしていた

  DPCAは今後も各地で講習を実施。5月1617日(残り僅か)、6月1617日の京都、62728日の大阪、6月2425日の埼玉での講習について、現在受講生を募集している。

 https://dpcajapan.org/school/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%97%A5%E7%A8%8B/

受講生3人に講師が3人つく婦人で行われた講習。体育館で実機を操作。
プロポの持ち方も実技のうち
「ここをタップすると・・・」。受講生の疑問はその場で解消
会場となった国立女性教育会館
国立女性教育会館の玄関に続くアプローチ
プロペラの取り付け方についてもていねいに説明中。「ここをみれば、どれを取り付ければいいかがわかります」など作業現場で使えるノウハウも満載だ
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事