伝統花火×ドローンショーで2020へのカウントダウン! シンガポールでSTAR ISLAND開催へ

2019.12.31

  2020年の開幕を、日本の伝統花火や500機のドローンショーによる光のスペクタクルで迎える「STAR ISLAND SINGAPORE COUNTDOWN EDITION 2019-2020」が、シンガポールで開催される。シンガポールでは昨年末にも開催され、86カ国でチケットが購入され、会場のマリーナベイ周辺には約50万人が押し寄せた。今回はドローンによる光の演出が加わり、新時代の幕開けを彩る。

日本発の世界クラスのエンターテインメントへ

  STAR ISLANDは、世界各地の象徴的な絶景ロケーションで繰り広げられる日本の伝統花火と3Dサウンド、レーザー・ライティング、「パフォーマンス」などをシンクロさせたエンターテインメントで、2019年も東京・豊洲、サウジアラビアなどで開催され好評を博した。

  今回は「STAR ISLAND SINGAPORE COUNTDOWN EDITION 2019-2020」として、12月31日、22:40 ~ 24:10(日本時間23:40~25:10)に、シンガポール政府が後援する「Marina Bay Singapore Countdown」のメインコンテンツとして、シンガポールのマリーナ・ベイで開催される。東京の豊洲公演で好評だった「2019:A SPACE ODYSSEY」のストーリーをベースに、新たに500台のドローンの群制御による演出を加え「立体的な光の表現を加えより重層的な没入体験を創出する」という。

 アニメ、漫画など日本発のコンテンツに続き、STAR ISLANDも日本発の「エンターテイメント」として評価を高めそうだ。

2019年9月23日にサウジアラビアで開催されたSTAR ISLAND
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事