有明防災フェアにELIOS出展 かざりさん、らんまるぽむぽむタイプαさんも来場

  東京・臨海地区で開催された有明防災フェアに、球状ガードに覆われたドローンELIOSが出展され、見学者を喜ばせた。会場には防毒マスク姿で知られるミリタリータレント、らんまるぽむぽむタイプαさん、元陸自のコスプレアイドル、かざりさんらもかけつけた。

点検、災害現場で活躍 「ただいま用途、募集中」

デモフライトがはじまると、子供たちはELIOSの機体のように目を丸くしてその様子に見入っていた
コントローラーを持つかざりさん。ブースを出展したJUIDAのキャップもかぶっている
らんまるぽむぽむタイプαさんは、機体の説明をききながら「すごい、すごい」を連発

  出展したのは一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)。JUIDAの事務局を運営するブルーイノベーションが、ELIOSを製造するスイス、Flyability社と代理店契約を結んでいることから、ELIOSを出展することになった。

 

  会場では訪れた親子連れなどが訪れ、ブルーイノベーションのスタッフが、「電源をいれると、すぐに飛ばせます」「あたっても痛くないしケガもしません。ただ網の中に手を入れないでくださいね」「いまは製鉄所、電力会社の設備、通信会社の設備で点検の仕事をするときなどに活躍しています」などと説明。電源をいれ、モーター音とともに機体がふわっとうきあがると、子供たちが目を輝かせた。

 

  ELIOSは機体を覆うガードが特徴。軽くて強いうえ、機体の取り付けに工夫がこらわれている。ドローンが壁にあたるなどして姿勢を崩せば落下するが、ELIOSはガードが三軸ベアリングで取り付けられていて、外からの力が、機体の姿勢に影響することがない。機体の左側に緑、右に赤のLEDライトで進行方向を判別できたる。直径が40センチなので、人が入りにくい狭いスペースに行くことができる。

 

  フライト終了後に機体を手にとった男の子は「軽い。もっと重いと思っていました」と700グラムの機体の軽さに驚いた様子だった。

 

  会場には防毒マスク姿で知られるミリタリー好きタレント、らんまるぽむぽむタイプαさんや、コスプレアイドルのかざりさんが訪れ、ELIOSの機能を確かめたり、ポーズをとって記念撮影に応じたりして、会場を盛り上げた。

 

  スタッフは、「点検作業や倒壊家屋の災害現場で活躍していますが、まだまだ用途を募集しています」と新しい使い道を募集していた。

いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事