長﨑県対馬市で海岸漂着ごみ検知システムの運用デモ DRONE FUNDが参加

2020.08.01

 DRONE FUND(東京)が参画している、海洋ごみ削減とビジネス創出の同時実現モデル構築事業「プロジェクト・イッカク」のひとつで、産学連携海ごみ削減プロジェクト「Debris Watchers」のドローンチーム(実施責任者:株式会社自律制御システム研究所・井上翔介氏)は7月31日、長崎県対馬市の上槻海岸で、ドローンと AIを活用した海岸漂着ゴミの検知システムの運用デモンストレーションを実施し、少ない教師データでごみの識別を確認するなど有効性を確認した。

PF2やRidge-i開発のAIを活用 少ない教師データでごみ識別

独自開発したAIが、ドローンで取得した画像データからごみを識別

デモンストレーションでは、海岸の撮像にPF2などを活用。また撮影した映像から回収が必要なごみの識別について、、株式会社Ridge-i(リッジアイ、東京)を中心に独自開発したAIを使った。その結果、開発してきたAIが、少ない教師データでも、正確に回収すべきごみを識別できることを確認した。

 

Debris Watchersは、人工衛星、ドローン、地上設置型デバイスのデータと、今回有効性を確認したAIを含めた解析技術を組み合わせ、海岸漂着ごみ検知システムの確立を進める。あわせて、海ごみ削減を実現するビジネスの創出を目ざす。

 

「プロジェクト・イッカク」は、公益財団法人日本財団、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構 (JASTO)、株式会社リバネス(東京)が共同で実施している海ごみ削減とビジネス創出を同時に実現する事業モデル構築を目指す取り組み。3つのチームが組成されている。DRONE FUNDは、2019年Debris Watchersに参画。6社、2大学が連携するチームの構成員として、システム開発を推進している。

<関連リンク>

プロジェクト・イッカク

Debris Watchers

ドローンファンド

Ridge-i

ドローンをフライトさせて空撮
活用したドローン
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事