台風19号被災からの再興宣言 福島ドローンスクール郡山校の思い

2019.10.31

「一千年に一度の台風」。台風19号はまさにこの言葉が当てはまる災害でした。台風襲来の数日前からネットやテレビは、その危険性を訴えていました。当社は「水穴1番地」という所在地名が示す通り、降水量が300ミリを超えると阿武隈川に注ぎ込む支流の影響から建物の1階部分が水没する恐れがあります。今回の台風予想降水量は400ミリ。今まで聞いたことのない降水量に警戒心も高まりました。(福島ドローンスクール郡山校 鬼生田顕英=寄稿)

スクール運営のための機体が全滅

台風19号の襲来に伴う水害で散乱したスクール内部(10月15日、FBから)

  当社が避難を開始したのは10月12日午後。奇しくもその日はドローンスクール開催中でした。もちろんスクールは中断。受講生の安全を第一に考え帰宅を促しました。また、精密機械であるドローンは水没を最も警戒しなければならないため、社内保管場所から専用の車両に載せ替えました。経験から言えば、社屋正面に停車しておけば水に浸かる事はなく、またいざという時に車ごと避難させられると思っての行動でしたが、今回の台風はその予想を大きく上回るものでした。

  10月12日午後から降り続いた雨は阿武隈川の警戒水位を容易に超え、支流河川の堤防を決壊させました。計り知れない量の水が社屋に入り込み、1階部分は水没。2階フロア1メートル付近まで浸水。1階の入り口サッシは「く」の字に曲げられ、関係資料の多くが流される事態となりました。

 

  社屋正面の車も移動する間も無く水没。車内にあったドローンも同じく水没。早く機体を取り出したいという思いを嘲笑うかのように水位は下がらず、ようやく車内を確認できたのは台風が去った翌日の14日夕方でした。スクール運営のために揃えておいたPhantom4機がケースごと全滅する事態にただ唖然とするばかりでした。農業用ドローンMG-1は、たまたま開催されていた福島産業博に展示してあったために事なきを得ましたが、充電器とバッテリーが水没してしまいました。

 

  しかし悪いことばかりではありません。近づくことのできない社屋の状況を確認するために一役買ったのもドローンでした。私用のMAVIC とPhantomが残っていたのです。台風一過とは言え風が強く、風力計を確認しながらのフライトでしたが、水没した会社の様子や阿武隈川周辺の状況を知ることができました。

 

  さて、復旧作業に取り掛かりつつあった時に起こったのが、隣接するメッキ工場からの有毒物質流出事故でした。猛毒のシアン化ナトリウムが近くの側溝から検出されたのです。最も恐れたのがスタッフへの健康被害と風評です。前者については即座に保健所の健康調査を受けましたが、後者については時を待っていては誤解を生みかねません。咄嗟に思いついたのがSNSの活用です。これについても、ドローンで撮影した写真情報をweb上にアップすると言う経験が活かされました。迷う事なく情報を適切に発信することができたと思います。

 

  台風から3週間ほど過ぎた現在、会社の復旧作業もヤマ場を迎えようとしています。スクールも私用のPhantomで急場を凌ぎつつ、水没した機体の修繕に取り掛かっています。

 

  ありがたいことにスクール受講生の動きも止まる事なく稼働しています。水没した機体分、実技講習に不便を感じさせてしまうのが恐縮なのですが、継続できる事に感謝し今後の運営に活かしていきたいと思います。

受付カウンターを長机で代用して業務再開(2019年10月30日)
教習も再開。これまで通りの風景が復活(2019年10月30日、FBから)

経験から学んだ3つのこと

  ところで、今回の経験から学んだことが3つあります。

①保管場所について
自然災害が間近に迫っている際には、100%の安全を確保できる場所にドローンを保管する事。

②緊急時の対応について
緊急の撮影のためにバッテリー充電は完全に行っておく事。また、アプリのアップデートを確実に行っておく事。

③保険について
スクール運営においてドローン機体は大きな財産です。しかし、いわゆる車両保険に該当する保険に加入させていなかったことが今回の致命傷となりました。各保険会社様においては、ドローンの保険制度を更に充実して頂くことを切に希望します。


  今回、災害時においてはドローンが有効であるということを再認識しました。災害状態を把握するため、多くの場面でドローンが利用されていたと思われます。スクールを運営する立場から言えば、より多くの方々にドローンを学んで頂き、緊急時に多くの人命を救う手段としての活用が進むことを祈念しております。また、今後はその願いを実現すべくスクールの運営に臨みたいと思います。

 

  最後になりますが、今回の復旧に際しまして多くの方々から心温まるお見舞いとご声援を頂きました事を感謝申し上げますと共に、今後ともドローン社会の育成に微力ながら協力していく事を再興の宣言としまして筆を置きたいと思います。

筆者・鬼生田顕英氏

<筆者>
鬼生田顕英(オニウダ・ケンエイ)
1969年生まれ
駒澤大学大学院(博士課程) 満期修了
大学院在学中より自動車学校勤務
2009年より代表取締役
2018年福島ドローンスクール郡山校開設
福島県郡山市出身
曹洞宗僧侶

5月に開催された福島ドローンスクール郡山校開校1周年記念イベントでは正面玄関に受付が設置された。
1周年記念イベントでは農業機のデモフライトも行われ近隣から多くの来場者が訪れた
カレーの屋台。ほかに地元名産のピーマンをねりこんだ「三春メンチ」などが1周年記念イベントに彩を添えた
いいね!と思ったらシェア!
関連するタグ
関連する記事